OCN光からドコモ光へのメリット3つ 違いを知ってお得に転用!

固定回線

 

ノココ
ノココ

OCN光からドコモ光に変えよっかな。

キノリ
キノリ

ドコモケータイ使ってるならOCN光で損してるかもね。

OCN光からドコモ光に乗り換えて、本当にメリットがあるかどうか、気になりますよね。結論から言えば、ドコモケータイを使っているならメリットあり。ドコモケータイを使ってるのにネットはドコモ光じゃないなんて損しているかも。

こちらのページでは、OCN光からドコモ光への乗り換えでどんなメリットがあるのか、さらに乗り換えの手順、工事や費用などについて詳しくわかりやすくご紹介します。

OCN光からドコモ光へのメリット3つ

OCN光からドコモ光への乗り換えで、どんなメリットがあるのか、どれくらいのメリットがあるのか、さっそく見ていきましょう。

ドコモケータイが安くなるドコモ光

OCN光では、ドコモのケータイ割引はありません。OCN光で安くなるのは格安スマホの「OCNモバイルONE」で、割引額も1回線あたり200円。最大5回線までなので、その場合でも1,000円の割引にしかなりません。

一方ドコモ光の場合は、ドコモケータイが安くなる唯一の選択肢になります。
ドコモケータイのプランによるのですが、「ドコモ光セット割」で1台につき最大1,000円の割引が適用されます。

割引の対象となるプランと割引額は以下の通りです。

【ドコモ光セット割】

ドコモ光セット割プラン別割引額 割引額(光電話加入が必要・最大10台まで)
データMAX5G 1,000円割引
データMAXIMUM4G LTE 1,000円割引
タブレットプラン 1,000円割引
ピタットプラン5G 500円割引
ピタットプラン4G LTE 500円割引
ピタットプラン1GB以下 割引なし

ドコモ光の料金は変わらないのですが、例えば家族でドコモを利用していれば、対象となるプランの端末の分は毎月割引となるので、結果として大きな節約になるんです。

ドコモ光セット割は、最大20回線まで割引となるので、割引対象となるプラン利用者の人数が多くなるほどにお得です。

プロバイダが選べるドコモ光

OCN光ではプロバイダもOCNと決まっていて選ぶことはできません。

一方、ドコモ光は24社あるプロバイダの中から選ぶことができますし、プロバイダの変更も可能です。

プロバイダによって速度や環境が変わるので、プロバイダ選びは大事なポイント。選べるのは嬉しいですね。

ドコモ光のプロバイダ選びで失敗しないために通信速度の比較などはこちらで詳しくご紹介しています。

ドコモ光のプロバイダ選び どこが正解?うれしい特典など徹底比較
ドコモ光のプロバイダ選びで迷ったらこちらの徹底比較であなたにおすすめのプロバイダを見つけて下さい。 各種一覧でおすすめの理由もじっくり徹底的に解説します。

v6プラスも追加料金なしのドコモ光

OCN光では、v6アルファというオプションがあり、月額550円(税抜500円)で利用できます。

ドコモ光ではv6プラスという名称ですが、どちらも名称が違うだけで、「快適に混雑を回避しながら高速通信ができる」という中身は同じです。

v6プラスって何?という方はこちらをご参照下さい。

v6プラス接続確認 判定方法と対処法をわかりやすく解説!
v6プラスで接続ができているかは簡単に調べることができます。 こちらのページでは、判定方法から、対処法まで、くわしくわかりやすくご紹介します。

OCN光の場合は、v6アルファが有料であるだけでなく、最低利用期間が24ヶ月となっていて、もしもその期間内に解約をするとなると、解約違約金として8,000円(不課税)がかかります。

ドコモ光では、v6プラスが追加料金なし、もちろんv6プラスに関しての最低利用期間というのもありませんし、v6プラスの違約金がかかることもありません。

光回線をより快適に利用するためのv6プラスとv6アルファ、中身はどちらも同じですが、月額料金や違約金がかかるのとかからないのは大きな違いですね。

事業者変更(再転用)で乗り換えできるドコモ光

OCN光とドコモ光は、どちらもNTT東西の光回線を利用しています。
そのため、「事業者変更(再転用)」という「手続き」だけで乗り換えができます。

事業者変更なら工事不要

手続きだけ、というのはWEB手続きや電話だけで変更可能ということで、工事も不要です。

そのため工事費もかかりません。

ただし、光アクセスサービスのタイプが変わる場合や、移転の場合は工事が発生するケースもあります。

事業者変更とは?

フレッツ光の公式ページで、事業者変更について以下のように記載されています。

光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービス(NTT東日本より提供を受けた光アクセスサービスを利用したもの)をご利用中のお客様が、他の光コラボレーション事業者様の提供する光アクセスサービスへ工事不要で移行することを「事業者変更」といいます 。

この事業者変更の場合は、基本的にひかり電話も電話番号そのままで利用することができます。ただし、OCN光で発番した電話番号は引き継げないので廃止となります。

OCN光からドコモ光への事業者変更 手順

OCN光からドコモ光への事業者変更 手続きの流れ

  1. ドコモ光への申込み
  2. 折返しの電話連絡で手続き内容や手順などを確認
  3. OCN光に「事業者変更承認番号」の発行依頼
  4. ドコモ光に「事業者変更承認番号」を伝える
  5. ドコモ光への切り替えが行われる
  6. 開通のご案内などの書類が届く
  7. Wi-Fiルーター設置・設定
  8. キャッシュバックの申請

といった流れになります。

OCN光に事業者変更承認番号を発行してもらい、ドコモ光にそれを伝えることでOCN光は自動的に解約となりますので、解約手続きというのは必要ありません。
NTT西日本エリアの場合は、CAFではじまる契約IDも必要となります。

OCN光「事業者変更承認番号」の発行依頼先 0120-506506
受付時間10:00~19:00
(日祝・年末年始を除く)
ドコモインフォメーションセンター
電話:151(ドコモ携帯) 0120-800-000(一般電話)
営業時間:9:00~20:00

このように、ネットで申込み、電話で手続きをするだけで乗り換えが完了するのが事業者変更の手続きとなります。

なお、事業者変更承認番号は、発行から15日以内に手続きを完了させなければ無効となります。再度必要な場合は、あらためて発行依頼のうえ、受け取りが必要となります。

OCNのメールアドレスを残したい場合

希望があれば、OCN光で発行されていたメールアドレスをそのまま継続利用することもできます。

OCNバリュープランという月額275円(税抜250円)の有料サービスで、これを利用すれば、OCN光の解約後もOCNのメールアドレスをそのまま使えます。

OCNバリュープランの支払いは、クレジットカードのみとなっています。

事業者変更の手続き キャンセルはいつまでできる?

OCN光からドコモ光への事業者変更では、ドコモ光に「事業者変更承認番号」を伝えるのが最終の申込みとなります。

「事業者変更承認番号」を伝える前までであれば、申込みをキャンセルすることが可能です。

また、手続きが完了したあとについては、「初期契約解除制度」というのがあり、契約書面を受け取った日から8日経過するまでは、契約の解除が可能となっています。この場合は新たに申込みをした事業者へその旨伝え、手続きをすれば、解約違約金などの支払いは発生しません。

OCN光からドコモ光への事業者変更でかかる費用

ドコモ光への乗り換えでOCN光に支払う費用としては3つあります。

  • 違約金
  • v6アルファの違約金
  • 工事費の残債

それぞれの金額を見てみると、

  • 違約金は11,000円
  • v6アルファの違約金は8,000円
  • 工事費の残債があれば一括払い

と、これだけ見るとかなりの額がかかりそうですね。ですが、時期を選べばこの手数料もゼロになります。

それぞれの内容を詳しく見てみましょう。

OCN光に支払う費用

OCN光の違約金

OCN光の違約金は、更新月の乗り換えであれば無料です。
ただし、更新月以外であれば、11,000円(不課税)の違約金がかかります。

2年契約の場合であれば、契約月から25ヶ月目と26ヶ月目、49ヶ月目と50ヶ月目、と2年毎の2ヶ月間が契約更新月となり、その2ヶ月間は解約金が無料となります。

OCN光 v6アルファの違約金

v6アルファを契約していた場合は、最低利用期間24ヶ月以内の解約で8,000円(不課税)の違約金が発生します。

通常の契約違約金とこのv6アルファの違約金が重なるとかなり大きな出費となってしまうので、解約検討時には事前にチェックしておきましょう。

OCN光で工事費を分割にしていた場合の残債

OCN光で工事費が分割払いとなっている場合は、戸建てもマンションも31回での分割となっています。

  • 戸建ての場合    18,000円の31回(500円×30回)
  • マンションの場合  15,000円の31回(400円×30回)

もし31回分の支払いが完了していないうちに解約をする場合は、残債を一括で請求されることとなります。

工事費支払いが完了していて、かつ更新月に事業者変更をすれば、これらの費用は一切かかりませんので、節約するためにもここは確認しておきたいところですね。

ドコモ光に支払う費用

ドコモ光に支払う費用として、事業者変更の事務手数料3,300円(税抜3,000円)がかかります。

これは、事業者変更の翌々月までにドコモ光から請求があります。

ドコモ光の申込みはどこでも同じじゃない

 

ノココ
ノココ

ドコモ光に申し込むならどこがいいの?

 

キノリ
キノリ

ドコモ光の代理店なら「ネットナビ」、プロバイダ代理店なら「GMOとくとくBB」なんかがおすすめだよ

ノココ
ノココ

へぇ~、なんで?

キノリ
キノリ

ドコモ光の速度を十分に活かして、さらにキャッシュバックなんかでお得に申込みできるから!

ドコモ光への申込みはどこでも同じ、ではありません。窓口によってキャンペーンが異なります。

せっかくならお得な申込み窓口での手続きでキャシュバックなども確実に受け取りましょう。

ドコモ光のもっともお得な窓口はどこなのか、迷ったらこちらで徹底比較しています。

ドコモ光代理店キャンペーン比較|ふたりはドコピカ
タイトルとURLをコピーしました