UCOM光の評判|速度が遅いはホント?入居前に5つをチェックせよ

固定回線

 

ノココ
ノココ

あそこのマンション、なんかネット完備らしいよ!

キノリ
キノリ

そういうマンションあるよね、、、

ノココ
ノココ

でも、ユーコム光とかっていうのらしくて。それってどうなの?

キノリ
キノリ

う~ん正直、UCOM光はあんまり評判良くないかも。

UCOM(ユーコム)光というのは、マンション全戸一括型で、大家さんが建物まるごとまとめて契約する光回線。

株式会社つなぐネットコミュニケーションズが運営する「UCOM光 レジデンス」という名のインターネットサービスです。

ネット上では「安いけど遅い」といった口コミが目立ちます。しかし、条件が揃えば安く、そして快適にUCOMを利用できることもあるのです。

こちらのページでは、UCOM光についての評判から実際の通信速度、入居前のチェックポイントなどを紹介し、UCOMと他の光回線どちらにすべきかを解説します。

UCOM光の評判

UCOM光はマンション一括型の光回線として、過去8年連続シェアNo.1を獲得しています。
そのため、マンション一括型の光回線と言えばUCOM光を思い浮かべる人も少なくありません。

利用者の大勢いるUCOM光ですが、残念ながらネット上に投稿されている評判や口コミはあまり良くない内容が多いようです。まずは実際の口コミをご覧ください。

こんな風にUCOMの評判をチェックしていくと、通信速度が遅いといった意見の他にも

  • 通信障害がよくある
  • 契約プランを選べない
  • サポート対応が悪い
  • スマホセット割などの特典がない

といったマイナスな口コミが見られました。

室内に設置されている専用のモジュラージャックにつなぐだけで、簡単にインターネットを利用できるのは魅力的ですが、速度が遅かったり、通信障害が起きたりすれば、意味がありませんよね。

そして、困って問い合わせるにしても、これまたなかなか繋がらないといった口コミが多いです。
インターネットサービスの問い合わせ窓口については、全般的にこういった悪い評判はあるものですが、そもそもの問い合わせをするような事例が多いというのはやはり大きな不安材料ですよね。

残念ながら、UCOM光は、こういったマイナスな口コミ・評価が結構多いのです。

UCOM光の速度は本当に遅いのか

光回線のくせに!全然速度が出ない!なんてことになったらやはり困ってしまいますよね。

では、実際UCOM光の通信速度は本当に遅いのか、よくよく確認してみると、なかにはちゃんとそれなりの速度が出ているケースもあるのです。

このように、十分に活用されている人がいるのも事実。

UCOM光=通信速度が遅い、とは限らないのですが、ただ、建物によってかなりのばらつきがあると考えておいた方がいいでしょう。

通信速度が100Mbps以下だとしても、動画の閲覧程度はおそらく問題なくできますので、ネットを使う用途によっても、満足度が変わる可能性は大いにあります。

UCOM光は、マンションの規模(入居者数)、時間帯、各戸の使用頻度、などなど、速度に影響する要素というのがいくつかあるのですが、中でも不安材料として大きいのは「どのプランを契約しているのか」ということ。

UCOM光は、実際にネットを使う利用者ではなく、マンションの管理会社や大家さんが契約しています。そのため、どのプランで契約しているのか利用者側にはわからないといったケースもあるのです。

そもそも快適な速度を期待できないプランであれば、利用者の努力によって通信速度が改善することは見込めません。こうしたところがUCOM光の「遅い」という評判に繋がっている可能も十分に考えられます。

UCOM光のプランによっては遅くなることも

UCOM光のインターネット回線には、以下の複数のプランがあります。

マンションの管理会社や大家さんがどのプランにするかを決めて契約するので、入居者がプランについて検討する機会はほぼありません。ここでは「UCOMにはこんなプランがあるんだなぁ」程度に見ておけばOKです。

  • マンション全戸一括マルチタイプ
  • マンション全戸オールギガ光配線タイプ
  • マンション全戸オールギガタイプ
  • マンション全戸一括タイプ
  • マンション全戸一括 シンプルタイプ

これだけではよくわかりませんよね。

続いて、どういった配線方式があるのか見てみましょう。
UCOM光の配線方式は通信速度と密接な関係があります。

入居するマンションのUCOM光がどの配線方式であるかを事前に知ることができれば、回線速度が速いか遅いかを事前にある程度予測することができるでしょう。

UCOM光の配線方式

UCOM光のプランには、次の3つの配線方式があります。

  • 光配線方式
  • LAN配線方式
  • G.fast方式

どの配線方式でも、電柱からマンションの主配線盤が設置しているMDF室(棟内共用スペース)までは光回線が引かれています。

MDF室から各戸までの配線が何のケーブルであるかという点に違いがあり、この違いがUCOM光の通信速度にも影響を与えるのです。

UCOM光の光配線方式

UCOM光の光配線方式では、全戸が光ファイバーで繋がっています。
そのため、途中で通信速度を落とすことがなく、各配線方式のなかで最も通信速度が速く、そして比較的安定しています。

UCOM光のLAN配線方式

UCOM光のLAN配線方式では、電柱からマンションの管理室までは光回線が引かれていますが、そこから各戸へはLANケーブル配線で繋がっています。

光回線方式と比べるとやや通信速度は劣るものの、理論上は100~1,000Mbpsの通信速度となっているため、次に紹介するG.fast方式よりは通信速度が上です。

 

UCOM光のG.fast方式

UCOM光のG.fast方式というのは、VDSL配線方式のこと。メタル回線(電話回線)を利用しています。

メタル回線の通信速度は理論値で100Mbps。どんなに頑張ってもケーブルのスペックによりそれ以上の通信速度は期待できません。

光回線の通信速度は通常1Gbps(1,000Mbps)なので、こちらのタイプはどんなに頑張っても光回線の10分の1程度の速度しか出ない、ということになります。

UCOM光 各プランの配線方式は?

そして、先ほど紹介した各プランごとの配線方式をまとめるとこうなります。

サービスタイプ提供方式
マンション全戸一括マルチタイプ光配線
LAN配線
G.fast
マンション全戸オールギガ光配線タイプ光配線
マンション全戸オールギガタイプLAN配線
マンション全戸一括タイプLAN配線
マンション全戸一括 シンプルタイプLAN配線
G.fast

このように、プランが同じでも、配線方式が異なるケースというのがあるのです。
これでは建物によってどの配線方式なのか把握するのも難しいですよね。

同じUCOM光が導入されているマンションでも、もっと言えば同じプランを契約している場合であっても、マンションごとに速度のばらつきがあるのはこういった事情もあるのでしょう。

ちなみに、UCOM光の利用料金は管理会社や大家さんが自由に設定できるため、料金が高いからと言って通信速度の速いプランだとは限りません

もちろん契約プランは料金設定の参考にはなるでしょうが、マンションの立地や家賃、入居戸数などの要因も料金を設定するうえでは無視できません。そのため、提示される料金からUCOM光のプランを判断することは不可能です。

いずれにしても、複雑でかなりわかりづらいですよね。

UCOM光のプロバイダはUCOMのみ

UCOM光は、つなぐネットコミュニケーションズが独自に提供しているインターネット回線で、プロバイダもすべてまとめて運営されています。

プロバイダ契約はマンションの大家さんがまとめて行っているので、インターネットを利用する個人が個別に契約する必要はありません。

契約の手間が不要なので便利そうに思えますが、仮に回線品質に不満があった場合でも利用者側には対抗手段がありません。

たとえば、通信速度が遅い場合、他の光回線であれば通信速度が遅いときにはプロバイダを変更することによって改善を見込めることがあります。しかし、UCOM光はプラバイダ一体型のため、他の光回線のように使ってみてダメだったらプロバイダを変更するといったことができない点には注意が必要です。

UCOM光でも、運よく速度の速いところに当たればいいのですが、評判から見ても、大きく当たり外れがあるようです。

入居前にチェックすべき!UCOM光の5つの注意点

マンションを選ぶ際に、「ネット使い放題」といったアピールポイントがある場合、それがUCOM光であれば以下のことを確認しておくと安心です。

UCOM光の料金について

一般的な光回線の料金は、マンションの場合4,000円前後であることが多いです。UCOM光の場合は無料で使えるケースや、有料だとしても3,000円台で利用できることも多く、その価格で満足できるレベルならとてもコスパが良いと言えるでしょう。実際十分な速度が出ているマンションも多数あります。

UCOMの使用料が家賃に上乗せされているかも

入居者は無料でネット使い放題と聞くと魅力的に感じるかもしれませんが、、ひょっとしたら管理費や賃料にUCOMの使用料が上乗せされているかもしれません。周辺の賃料相場と比較して納得できる、かつ使えるサービスであればそれでも問題ないでしょう。しかし、いざ使ってみて全く速度が出ないとなると、これはガッカリしてしまいますよね。

もちろん、管理費や家賃に含まれている場合は、ネットを使わないからといって減額を請求することはできません。

UCOM以外の光回線も視野に入れるなら別料金のほうが良いことも

UCOMなしでも満足できる賃料や管理費であるなら何も問題ありません。しかし、「無料でネットが使えるから」という理由で入居を決めてしまうのはちょっと危ういです。

事前にネットに接続させてもらって通信速度をチェックできるなら安心ですが、これから数か月・数年を過ごすつもりなら入居後にUCOMを使わないという選択肢も残しておきたいですよね。

そういう人は、「無料でネット使い放題」の物件よりも、ネットの使用料は家賃や管理費とは別だけど、気に入らない場合は自分で好きな光回線を契約できるといった物件のほうが良いかもしれません。

UCOM光に限らず、ネット無料使い放題というのは、速度が出なかったり、データ通信量が少ない契約だったりという可能性もあるので、可能なら事前にチェックしておきたいところです。

UCOM光のプランはどれか

大家さんが契約しているプランが、入居者にわかるかどうかは物件によって異なります。

大家さんとしては、ネット使い放題などが入居時のアピールになると考えて導入を検討するのですが、コストは極力抑えたいとなれば、安い(=遅い)プランでの契約となっている可能もあります。

ただし、利用者が支払うUCOMの使用料が高いからと言って、管理会社や大家さんが速いプランを契約しているとは限らないという点は留意しておきましょう。

UCOM光のプラン変更は可能か

UCOM光には、複数のプランがありますが、実際に使ってみて満足できなかった場合に、どのプランなのか、変更は可能なのか、など要望を聞き入れてもらえるのか、これがとても大事ですよね。

仮に遅いプランから早いプランに変更することが可能だとしても、一戸レベルでマンションの契約プランを変更できるというものではありません。現実的には、管理組合を通して管理会社に要求し、自分たちで費用の全部または一部を負担するといったことが必要となってくるでしょう。

そもそも、建物や立地といった条件により、希望するプランを選べないケースもあります。

プランを変更したいのに、もしもそれができないとなると、あとは別の光回線を導入するといった方法しかありません。

UCOM光以外の利用ができるか

もしも、UCOM光のプラン変更ができず、別の光回線を導入したいとなると、必ず回線工事が必要になり、管理会社もしくは大家さんの許可が必要となります。

万が一これもNGとなれば、インターネットを快適に使えない環境で我慢をするか、最悪引っ越しをするなんていうことになってしまいます。自宅にネット環境が必須の人にとって、これは大ダメージですよね。

もちろんUCOM光でも、十分に満足して利用している人も大勢いますし、実際に利用してみなければ速いか遅いかはわかりません。しかし、もし満足できなかったとき、対処法が引っ越し以外にないなんていう状況では困ってしまいますよね。

インターネットの回線にこだわる人は、入居前に契約プランや通信速度についても可能な限りチェックしておくことをおすすめします。

適用中のセット割引はないか

もし、あなたやあなたの家族がNTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホを利用しており、さらにドコモ光やauひかり、SoftBank光などの光回線を契約しているのであれば注意が必要です。

これら大手キャリアのスマホと特定の光回線をセットで利用することにより、スマホ1台あたり1,100円の割引が適用されているかもしれません。

たとえば、現在ドコモ光を利用しており、スマホ5台分のセット割(5,500円)が適用されていたとします。
すると、引っ越し先のマンションでUCOMを無料で利用できるとしても、ドコモ光を解約することによって5,500円分のスマホ料金割引が適用されなくなってしまいます。

UCOMにはセット割引がないため、総額で考えると逆に出費が多くなってしまうケースもあります。

光回線ごとのセット割の組み合わせについてはコチラの記事でも紹介していますので、よろしければご参考ください。

光回線21社を比較!おすすめの光回線と選び方のポイントを解説!
快適にインターネットを利用するには欠かせない光回線。 新生活に向けて新たにインターネットを使いたい人も、既存回線からの乗り換えを検討している人も、種類が多すぎて「どれにすればよいかわからない…」と迷う人も多いのではないでしょうか。 ...

UCOM光はこんな人におすすめ

どこ光回線にも言えることですが、光回線の通信速度は実際に契約して使ってみなければわからない部分も多いです。

もちろん、UCOM光でも他の光回線並の高速通信ができているというケースもあるでしょう。ただ、UCOM光の場合は「光」という名前が付いていても、配線方式が光配線方式以外であれば、もうそれだけで光回線としての速度(最大1Gbps)を期待できません。

入居前にプランや配線方式の確認ができれば安心ですが、そうでないケースもありますし、むしろ事前にそこまで情報を開示してくれないケースのほうが多いかもしれません。

ここまでの説明を聞くと、「UCOM光はやめておいたほうがいいんじゃないか…」と思ってしまうかもしれませんが、UCOM光が向いている人もいます。

[UCOM光が向いている人]
・とにかく安くインターネットを使いたい
・自分で光回線を探したり契約するのは面倒だ
・使えるだけ無いよりはマシ
UCOM光のメリットはなんと言っても「安さ」と契約の手間が要らない「手軽さ」なので、この点に魅力を感じる人には向いていると言えます。

ただし、UCOM光が導入済のマンションに入居するのであれば、最低でも入居前に 他のネット回線を引くことが可能か については確認しておきたいところです。

万が一ハズレを引いてしまったときに、対処法があればまだいいのですが、なければ本当に困ってしまいます。

UCOM導入済のマンションへの入居を検討するなら、本記事で紹介した内容に注意しながら検討することをおすすめします。

UCOM光がおすすめでない人

UCOM光は当たりはずれがあるため、運よく快適に利用できたという人がいる反面、やはり評判通り満足できなかったという人もいます。

次のような人はUCOM光ではなく、自分で好きな光回線を選んで契約したほうがよいでしょう。

[UCOM光が向いていない人]
・夜間など利用者の多い時間帯でも快適にインターネットを利用したい
・頻繁にネットを利用するので高速通信ができないと困る
・自分で契約プランやプロバイダを選びたい
・スマホとのセット割を利用したい
・契約時にキャッシュバックなどの特典を貰いたい

UCOM以外の光回線の選び方

光回線を安く、快適に使用するためには、どの光回線を選ぶかが重要です。

通信速度については様々な要因が影響するため、万人共通におすすめの光回線というのはありませんが、最低でもプロバイダの変更が可能といった条件を付けて選ぶとよいでしょう。

もしも契約した光回線で十分な速度が出なくても、プロバイダを変更するだけで改善するケースが多々あります。

次に、料金については使っているスマホとセット割を組むことで毎月スマホ1台あたり1,100円安くなるためお得です。

セット割が可能な組み合わせは次のとおりです。

ドコモユーザーならドコモ光一択

ドコモのスマホを使っているのなら、選択肢はドコモ光 の一択です。

ドコモ光は光コラボと呼ばれるNTTフレッツの光回線網を利用した光回線の一つです。既にUCOM光を導入済のマンションであっても、NTTの回線ならOKということで引くことができるかもしれません。

ドコモのスマホとのセット割を適用できるのはドコモ光だけなので、ドコモユーザーであればドコモ光を導入できるかどうかが、光回線を一番お得に使えるかどうかに直結します。

おすすめの窓口はNNコミュニケーションズで、今なら新規・乗り換えどちらでも必ず42,000円のキャッシュバックを受けることができます。契約期間も2年間なので、もしドコモのスマホを使っているのにドコモ光以外の光回線を使っている人は、すぐに乗り換えることをおすすめします。

ドコモ光代理店キャンペーン比較|ふたりはドコピカ

auユーザーなら「auひかり」だけど懸念点も

auひかりは光コラボではなく、au独自の回線網を利用した光インターネットサービスです。

特徴としては通信速度が速く料金が安いと、auユーザーでない人にとっても魅力的な光回線です。auユーザーなら当然セット割が使えるので、スマホ1台あたり月1,100円割引となり、光回線のなかでも最安クラスとなります。

高品質な光回線を低料金で使えるのはうれしいですよね。ただし、auひかりは他の光コラボと違って退去時に撤去費用として31,680円かかるという点は留意しておきましょう。(光コラボの撤去費用は無料です)

おすすめの窓口であるGMOとくとくBBから申し込むことによって、ネット回線のみなら67,000円、光電話とセットなら77,000円のキャッシュバックが貰えます。

【auユーザーでauひかり以外を選ぶならこちら】
EO光 :関西に住んでいるauユーザーならこれ
コミュファ光 :東海に住んでいるauユーザーはこれ
So-net光プラス :auひかりエリア外のauユーザーにおすすめ
ビッグローブ光 :同じくauひかりエリア外のauユーザーにおすすめ

SoftBankユーザーならNURO光

SoftBankのスマホを使っているのであれば、NURO 光 がおすすめです。

NURO光もauひかりと同じく独自回線で、一般的な光回線の最大通信速度が1Gbpsなのに対し、NURO光はなんと最大2Gbpsの高速通信が可能です。

速いうえに月々の利用料金も安いため、利用可能エリアが狭いことだけが難点ですが、導入可能なマンションであれば是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。今なら45,000円のキャッシュバックが貰えます。

格安スマホユーザーならセット割なしでも安い回線を

ドコモ、au、ソフトバンク以外のユーザーはセット割を組めないので、月々の料金が安い光回線を選ぶとよいでしょう。

おすすめとしてはこんな感じです。

ビッグローブ光 :最大68,000円のキャッシュバックあり。
シンプルに安い速い光!【GMO光アクセス】 :特典はないけど料金が安い
エキサイトMEC光 :低料金かつ契約期間の縛りなし!
enひかり:こちらも低料金かつ契約期間の縛りなし!

縛りなしの光回線なら月額料金が最安の「enひかり」がおすすめ!
料金が安く、定期契約の縛りのない光回線を探しているのならenひかりがおすすめです。enひかりは料金が安いうえに回線品質も高いため、顧客満足度の高い光回線です。enひかりに申し込む前に知りたい、enひかり良い点・悪い点を率直に解説します。

特徴としてはあまり大きなキャンペーンを実施していないところが多い(ビッグローブ以外)ですが、月々の料金が安く設定されています。これらのなかから選んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました