ドコモ光 ルーターを交換すれば速度も変わる?方法は?

固定回線
ノココ
ノココ

ネットが遅い!ルーターが原因かも。交換したい!

キノリ
キノリ

ドコモ光の速度を発揮できないようなルーターなら、それはたしかにもったいないね。

ノココ
ノココ

交換したら早くなるかな?

キノリ
キノリ

早くなるかどうかは状況によって変わるけど、検討してみる価値はあるよね!

ドコモ光を使っているのに、通信速度が遅い!という場合、原因はいくつか考えられますが、ルーターが原因となっている場合もあります。ルーターが原因でせっかくのドコモ光の速度が出ないなんてもったいないですよね。

ということで、こちらのページではドコモ光でルーターの交換を検討する際に役立つ情報をまとめました。ドコモ光の通信速度を十分に発揮できるように、対策をしていきましょう。

こちらのページでいうドコモ光のルーターとはドコモ光のONUやホームゲートウェイに接続している「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」「無線Wi-Fiルーター」を全て同じ意味で解説しています。

ドコモ光 ルーター交換で速度は変わる?

ドコモ光で速度が遅い場合など、ルーターを交換することで改善する場合もあります。
ただし、状況によってはルーターだけを変えても効果が出ないこともあります。

ドコモ光で速度が遅い場合に考えられる原因

ドコモ光の回線は、NTT東日本/NTT西日本のフレッツ回線といった設備を使用してNTTが提供していますので、ドコモ光の回線はまず問題ないでしょう。

ですが、ドコモ光で契約していても、インターネットの通信速度が遅くなる場合があります。

ドコモ光の通信速度が遅いという場合、その原因として

  • 利用環境
  • プロバイダ
  • ルーター
  • LANケーブルが古い
  • パソコンなど機器の問題
  • ブラウザやOSの更新をしていない

といったことが考えられます。

このようにいろいろな要因があるため、ルーターだけを交換したからといって速度が改善するとは言い切れないのです。

例えば、有線でつないでいるものだけ遅いのであればLANケーブルを交換することで改善する可能性があります。

光回線 LANケーブルのカテゴリでせっかくの速度を台無しにしてない?
光回線にしたのに、ネットが遅い!なんてことになったらガッカリですよね。 劣化したLANケーブルなどを使っていたらそんな残念なことになります。

ルーター交換で速度が改善することもある

ルーターの仕様によっては、交換することで劇的に速度が改善する場合もありますが、ルーターの設置場所を変えたり、中継器をプラスすることで改善する例もあります。

また、ルーターだけ変えても、実際に使うパソコン・スマホや、プロバイダがそのルーターのスペックや仕様に対応していなければ意味がありません。

車のエンジンだけ馬力のあるものに変えても、車体やタイヤが貧弱なら意味がないのと同じです。

それぞれのスペックが条件をクリアしているか、注意したいのは、自分でルーターを購入する場合などですね。

ONUとかルーターとか何がなに?超簡単にざっくり教えて!
光回線を使用するためには、設定をしなくてはいけないのですが、用語がわかりにくくて混乱してしまいがち。こちらでは、ONU、ルーター、モデム、ホームゲートウェイといったものがそれぞれどういったときに使われるものなのか、ごくごく簡単にわかりやすくご紹介します。

ドコモ光のルーターを交換したい!方法は?

ドコモ光を利用していてルーターを交換したい場合、方法としては

  • ルーターのレンタル
  • 市販品のルーターを購入

と、大きく分けてふたつの方法があります。

フレッツ光からの転用等でレンタルしていたルーターが故障した場合は、レンタル先のプロバイダ等に連絡すれば無料で交換してもらえますので、まずはレンタル先に問い合わせをしてみましょう。

ルーターのレンタル品で交換する方法

プロバイダでWi-Fiルーターをレンタルするという方法があり、無料レンタルと月額がかかる有料レンタルもあります。

中でもおすすめなのはドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」での無料レンタル。無料で高性能ルーターをレンタルできるのでそれだけでお得なんです。

ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにすると、高性能のWi-Fiルーターが無料でレンタルできますし、混雑しにくいIPv6方式にも対応していますので、速度アップも期待できます。

ルーターの設置については難しいことはありませんが、プロバイダ特典でサポートなどもあるので添付の説明書を見ても難しい場合はサポートを利用すれば安心です。プロバイダからのレンタルであれば、問い合わせ先はプロバイダになります。

ONU(終端装置)でなく一体型のホームゲートウェイ(HGW)を使用している場合は、ドコモ光で無線LANカードを有料でレンタルすることもできます。

【ホームゲートウェイについてのお問い合わせ先】
NTT東日本:0120-000113
NTT西日本:0120-248995

市販品のルーターを購入する場合

市販品の性能のよいルーターを購入、自分で交換することももちろん可能です。
ただしこの場合は、サポートがない場合もあり、ある程度の知識がないと難しい場合もあります。

市販品のルーターを設置の場合、接続などでわからなくてもドコモ光やプロバイダはメーカーに聞いて下さいといった対応になることが多いので注意が必要です。

こうしたことも含め、ルーターはプロバイダ等での無料レンタルを利用するのが賢い選択と言えます。

ドコモショップなどで購入できる「ドコモ光ルーター 01」もあります。ですが、最大867Mbpsといった仕様のルーターになります。
対してGMOとくとくBBでの高性能Wi-Fiルーターは最大1733Mbpsですので、圧倒的にGMOとくとくBBで無料レンタルする方がお得です。しかもいくつかのルーターからお好みの仕様のルーターを選べます。

ルーター 速度 料金
ドコモ光ルーター 01 最大867Mbps 購入/9,768円
とくとくBBの無料レンタル 最大1733Mbps ずっと無料レンタル

■GMOとくとくBB

ドコモ光 ルーター交換は自分でできる?

Wi-Fiルーターの交換は工事などは不要で自分でできます。
LANケーブルでONU(終端装置)またはホームゲートウェイ(HGW)に接続、電源を入れたら、あとは取り付けたWi-Fiルーターに記載されている「SSIDと暗号化キー」でパソコンやスマホに設定をすればインターネットが使えるようになります。

ドコモ光 パソコンなしでも?スマホだけで初期設定する方法
ドコモ光に申し込みしても、初期設定とかでパソコンがないとダメ?なんて心配していませんか。パソコンなしでもドコモ光の初期設定はできます。設定などが苦手!という方でもわかりやすいように、シンプル丁寧に設定方法をご紹介します。

Wi-Fiルーターの種類と仕様

ドコモ光のONU(終端装置)やホームゲートウェイ(HGW)に接続して使うWi-Fiルータを選ぶ際には、種類や仕様をしっかりと検討しましょう。

Wi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターには、

  • 家の光コンセントなどに接続して使う据え置きタイプ
  • 持ち運べるモバイルタイプ

のふたつの種類があります。

ドコモ光を快適に通信速度を落とさないためにも据え置きタイプを選ぶのがベスト。
据え置きタイプのルーターでも、仕様が異なりますので、しっかりと比較して選びたいところです。

Wi-Fiルーターの仕様

Wi-Fiルーターの仕様ではメーカーや機器によって

  • 規格
  • 最大伝送速度
  • 認証方式
  • アンテナ方式
  • 通信方式
  • その他の機能

などが異なります。

特にチェックしておきたいのは、

  • 最大伝送速度
  • 規格が最新規格の11acに対応しているか
  • 通信方式が混雑回避に強いIPv6に対応しているか

といったところ。

先述の「ドコモ光ルーター 01」もGMOとくとくBBでレンタルできる機器も、規格と通信方式でこの条件を満たしています。ですが、やはり最大速度が全然違います。
以下ルーターの仕様比較表にて、GMOとくとくBBの選べるルーターの中で最新のNEC製「Aterm WG2600HS2」 と比較してみましょう。

ルーター 最大速度 規格 通信方式
「ドコモ光ルーター 01」 最大867Mbps 11ac/11n/11a/11g/11b IPv4 over IPv6通信対応
とくとくBB「Aterm WG2600HS2」 最大1733Mbps 11ac/11n/11a/11g/11b IPv4 over IPv6通信対応

「ドコモ光ルーター 01」は9,768円で購入する必要がありますが、GMOとくとくBBであれば、この高性能のルーターが無料レンタルできるんです。

タイトルとURLをコピーしました