ドコモ光 ルーターを交換すれば速度も変わる!?レンタルと購入どっちがいいの?

固定回線
ノココ
ノココ

ネットが遅い!ルーターが原因かも。交換したい!

キノリ
キノリ

ドコモ光の速度を発揮できないようなルーターなら、それはたしかにもったいないね。

ノココ
ノココ

交換したら早くなるかな?

キノリ
キノリ

早くなるかどうかは状況によって変わるけど、検討してみる価値はあるよね!

ドコモ光を使っているのに、通信速度が遅い!という場合、原因はいくつか考えられますが、ルーターが原因となっている場合もあります。ルーターが原因でせっかくのドコモ光の速度が出ないなんてもったいないですよね。

ということで、こちらのページではドコモ光でルーターの交換を検討する際に役立つ情報をまとめました。ドコモ光の通信速度を十分に発揮できるように、対策をしていきましょう。

こちらのページでいうドコモ光のルーターとはドコモ光のONUやホームゲートウェイに接続している「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」「無線Wi-Fiルーター」を全て同じ意味で解説しています。

ドコモ光 ルーター交換で速度は変わる?

ドコモ光で速度が遅い場合など、ルーターを交換することで改善する場合もあります。
ただし、状況によってはルーターだけを変えても効果が出ないこともあります。

光回線の変更も視野に入れて検討する場合はこちらも参考にしてみてください。

光回線21社を比較!おすすめの光回線と選び方のポイントを解説!
快適にインターネットを利用するには欠かせない光回線。 新生活に向けて新たにインターネットを使いたい人も、既存回線からの乗り換えを検討している人も、種類が多すぎて「どれにすればよいかわからない…」と迷う人も多いのではないでしょうか。 ...

ドコモ光で速度が遅い場合に考えられる原因

ドコモ光の回線は、NTT東日本/NTT西日本のフレッツ回線といった設備を使用してNTTが提供していますので、ドコモ光の回線は品質的にはまず問題ないでしょう。

ですが、ドコモ光で契約していても、インターネットの通信速度が遅くなる場合があります。

ドコモ光の通信速度が遅いという場合、その原因として

  • 利用環境
  • プロバイダ
  • ルーター
  • LANケーブルが古い
  • パソコンなど機器の問題
  • ブラウザやOSの更新をしていない

といったことが考えられます。

このようにいろいろな要因があるため、ルーターだけを交換したからといって速度が改善するとは言い切れないのです。

例えば、有線でつないでいるものだけ遅いのであればLANケーブルを交換することで改善する可能性があります。

ルーター交換で速度が改善することもある

ルーターの仕様によっては、交換することで劇的に速度が改善する場合もありますが、ルーターの設置場所を変えたり、中継器をプラスすることで改善する例もあります。

また、ルーターだけ変えても、実際に使うパソコン・スマホや、プロバイダがそのルーターのスペックや仕様に対応していなければ意味がありません。

車のエンジンだけ馬力のあるものに変えても、車体やタイヤが貧弱なら意味がないのと同じです。

それぞれのスペックが条件をクリアしているか、注意したいのは、自分でルーターを購入する場合などですね。

ドコモ光のルーターを交換したい!レンタルか購入か?

ドコモ光を利用していてルーターを交換したい場合、方法としては

  • ルーターをレンタルする
  • 市販品のルーターを購入する

と、大きく分けて2つの方法があります。

おすすめのWi-Fiルーター10選
今やほとんどの人がスマホを持つ時代。スマホやパソコンだけでなく、家電の中にもWi-Fiでインターネットに接続する機器も少なくありません。高速で安定した通信をするためには、自分の環境に適したルーターを選ぶことが大切です。 とはいえ、ルー...

既にレンタルして利用していたルーターが故障した場合は、レンタル先のプロバイダ等に連絡すれば無料で交換してもらえますので、まずはレンタル先に問い合わせをしてみましょう。

ルーターをレンタルして交換する

ドコモの公式サイトやショップ、プロバイダからWi-Fiルーターをレンタルするという方法があり、月額料金がかかる有料レンタルと無料レンタルのパターンあります。

ルーターを有料でレンタルする

まず有料レンタルについてですが、ドコモの公式サイトやドコモショップで月額330円(税込み)でレンタルすることができます。

レンタルのメリットは機器が故障した際に無償で交換してもらえるという点ですが、年間の費用は約4千円と、長く使えば使うほど出費も大きくなります。

あえて有料のものを選ぶ必要はないため、条件を満たしているのであれば次に紹介する無料レンタルを利用しましょう。

ルーターを無料でレンタルする(おすすめ)

こちらの方法は現在フレッツ光などを利用中で、これからドコモ光に転用するという場合に有効な方法です。また、転用の場合だけでなく既にドコモ光を利用中の人でも、特定のプロバイダへ事業者変更する場合にも利用することができます

ドコモ光を利用できるプロバイダは20社以上あり、各会社ごとに実施しているキャンペーンが異なります。

ここで紹介するのは、中でもおすすめな「GMOとくとくBB」でルーターを無料レンタルする方法です。


\高性能なWiFiルーターから選べる!/
GMOとくとくBBの無料レンタルルーターはこちら

 

GMOとくとくBBは数あるプロバイダのなかでも、

  • 130万人以上の会員がいて、高い満足度を維持している
  • 2017年から4年連続でv6プラス最優秀パートナー賞を受賞
  • IPv6に対応しており高速通信が可能
  • 業界最高水準の高額キャッシュバックを実施している
  • 高性能ルーターを無料でレンタルできる

という理由から、多くの人に選ばれている光コラボ回線事業者なのです。

ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにすると、高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできますし、混雑しにくいIPv6方式にも対応しています。
「インターネットが遅い」と感じているのであれば、速度アップも期待できるでしょう。

よく誤解されがちなのですが、GMOとくとくBBではドコモ光を新規契約する場合だけでなく、他社光コラボからの乗り換え時にも無料ルーターレンタルのキャンペーンを利用することができます。
既にドコモ光を利用中の場合でも、プロバイダがGMOとくとくBBでなければキャンペーンの利用が可能なのです。

他の光コラボ事業者から、GMOとくとくBBへ乗り換える際に無料ルーターをレンタルする手順としては次のとおりです。

  1. 契約中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する
  2. 光コラボ回線事業者の契約情報を取得する
  3. WEBから申し込み
  4. ドコモ光開通日の確認

「3」の申し込みが完了し、GMOとくとくBBの会員登録が完了するとSMSやBBnavi、申し込みフォームから無料ルーターのレンタルを申請することができます。

GMOとくとくBBのドコモ光のキャンペーンを利用すれば高性能ルーターを無料でレンタルできるので、ルーターの交換を検討している人はぜひこのチャンスを活用してくださいね。

どのルーターをレンタルすべきか迷っている、という人はこちらの記事もご参考下さい。

ドコモ光「GMOとくとくBB」でおすすめのレンタルルーターはどれ?
ノココ GMOとくとくBBのドコモ光に申し込むことにしたんだけど、無料でレンタルできるルーターってどれを選べばいいの? キノリ 全部で10種類もあるし、ルーターの機種によって...

市販品のルーターを購入して交換する

市販品で性能のよいルーターを購入、自分で交換することももちろん可能です。
ただし、この場合はサポートがない場合もあり、ある程度の知識がないと難しい場合もあります。

市販品のルーターを設置する場合、接続方法や設定などでわからないことがあっても、ドコモ光やプロバイダはメーカーに聞いて下さいといった対応になることが多いので注意が必要です。

こうしたことも含め、ルーターはプロバイダ等での無料レンタルを利用するのが賢い選択と言えます。

ドコモショップやドコモの公式サイトで購入する

ドコモショップなどで購入できるルーターには「ドコモ光ルーター 01」というものがあります。
こちらのルーターはドコモ光の通信規格には適合しているため、ルーターの仕様の問題でインターネットに接続できない、という心配はないでしょう。

ただし、最大通信速度は867Mbpsといった仕様のルーターになります。
ドコモ光の回線では理論値として最大通信速度が1Gbps(1000Mbps)が可能なのですが、ドコモ光ルーター 01ではせっかくの高速通信を最大限発揮できない可能性があります。

対してGMOとくとくBBでレンタルできる高性能Wi-Fiルーターはいくつか種類から選ぶことができ、代表的なものとして次の3種類があります。

どのルーターも最大通信速度は1733Mbpsなので、ドコモ光ルーター 01よりも速い通信速度が期待できます。

ルーター速度料金
ドコモ光ルーター 01最大867Mbps購入/9,768円
とくとくBBの無料レンタル最大1733Mbpsずっと無料レンタル

公式よりも高性能なルーターを無料でレンタルすることができるので、有料レンタルするよりも圧倒的にGMOとくとくBBで無料レンタルする方がお得です。

 

家電量販店やネットで購入する

ルーターは家電量販店やAmazon などのネットショップでも、約3,000~15,000円程度で購入することができます。ただし、価格帯が広く、種類も多いのでどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

ルーターを選ぶ際は以下の項目を基準に選ぶのが一般的です。

  • 居住環境(自宅かマンションか、間取りはどの程度か)
  • 同時接続台数
  • 通信の速度・規格
  • 価格

ルーターは必要以上に高価なものを選ぶ必要はありません。
しかし、安価で古いタイプのものを選んでしまうと通信規格が古くネットに接続できなかったり、セキュリティに問題があったりということも考えられます。

おすすめのWi-Fiルーター10選
今やほとんどの人がスマホを持つ時代。スマホやパソコンだけでなく、家電の中にもWi-Fiでインターネットに接続する機器も少なくありません。高速で安定した通信をするためには、自分の環境に適したルーターを選ぶことが大切です。 とはいえ、ルー...

「やっぱり自分で選ぶのは難しい!」というときは、先ほど紹介したキャンペーンを利用して無料レンタルするか、レンタル品として掲載されている機種を購入するのが無難です。


ドコモ光 ルーター交換は自分でできる?

Wi-Fiルーターの交換は、工事不要で自分でも簡単にできます。
LANケーブルでONU(終端装置)またはホームゲートウェイ(HGW)に接続、電源を入れたら、あとは取り付けたWi-Fiルーターに記載されている「SSIDと暗号化キー」でパソコンやスマホに設定をすればインターネットが使えるようになります。

ルーターの設置については難しいことはありませんが、プロバイダ特典でサポートなどもあるので添付の説明書を見ても難しい場合はサポートを利用すれば安心です。プロバイダからのレンタルであれば、問い合わせ先はプロバイダになります。

ONU(終端装置)でなく一体型のホームゲートウェイ(HGW)を使用している場合は、ドコモ光で無線LANカードを有料でレンタルすることもできます。

【ホームゲートウェイについてのお問い合わせ先】
NTT東日本:0120-000113
NTT西日本:0120-248995

Wi-Fiルーターの種類と仕様

ドコモ光のONU(終端装置)やホームゲートウェイ(HGW)に接続して使うWi-Fiルータを選ぶ際には、種類や仕様をしっかりと検討しましょう。

Wi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターには、

  • 家の光コンセントなどに接続して使う据え置きタイプ
  • 持ち運べるモバイルタイプ

の2つの種類があります。

ドコモ光を快適に通信速度を落とさないためにも据え置きタイプを選ぶのがベスト。
据え置きタイプのルーターでも、仕様が異なりますので、しっかりと比較して選びたいところです。

Wi-Fiルーターの仕様

Wi-Fiルーターの仕様はメーカーや機器によって

  • 規格
  • 最大伝送速度
  • 認証方式
  • アンテナ方式
  • 通信方式
  • その他の機能

などが異なります。

特にチェックしておきたいのは、

  • 最大伝送速度
  • 規格が最新規格の11acに対応しているか
  • 通信方式が混雑回避に強いIPv6に対応しているか

といったところ。

先述の「ドコモ光ルーター 01」もGMOとくとくBBでレンタルできる機器も、規格と通信方式でこの条件を満たしています。ですが、やはり最大速度が全然違います。
以下ルーターの仕様比較表にて、GMOとくとくBBの選べるルーターの中で最新のNEC製「Aterm WG2600HS2」 と比較してみましょう。

ルーター最大速度規格通信方式
「ドコモ光ルーター 01」最大867Mbps11ac/11n/11a/11g/11bIPv4 over IPv6通信対応
とくとくBB「Aterm WG2600HS2」最大1733Mbps11ac/11n/11a/11g/11bIPv4 over IPv6通信対応

「ドコモ光ルーター 01」は9,768円で購入する必要がありますが、GMOとくとくBBであれば、この高性能のルーターを無料レンタルできるんです。

ドコモ光「GMOとくとくBB」の評判は悪い?忖度なしで徹底解説!
ノココ ドコモ光のプロバイダを「GMOとくとくBB」にしようと思ってたんだけど、正直ちょっと迷ってるんだよね。 キノリ なにか不安な点でもあるの? ...

ルーターは購入するよりも無料レンタルがお得!

ルーターをレンタルするのであれば、有料のものよりも無料でレンタルするほうがお得であることは明らかです。では、購入する場合と無料レンタルする場合とでは、どちらがよいのでしょうか。

2つのパターンを比較してみましょう。

無料レンタルする場合購入する場合
メリット・高性能ルーターを無料で利用できる。
・故障した場合は無償で交換してもらえる。
・ルーターを選ぶ際に特別な知識が不要。
・自分で好きな機種を選べる。
・ドコモ光から他の回線に乗り換えても使用できる。
デメリット・ドコモ光を解約する場合は返却が必要。(返送の手間が生じる)
・限られた機種からしか選べない。
・種類が多く、スペックや規格についての理解が必要。
・購入代金がかかる。
・故障した場合は自費で修理や買い換えが必要。

有料レンタルか購入かというのであれば、利用期間によって金額も変わってくるため、どちらがよいかはケースバイケースでしょう。
ただ、無料レンタルと購入を比べてみると、無料レンタルできるのに購入する理由がほぼありません。

一般的な光回線の通信速度は、下り最大1Gbpsといわれています。
古いルーターのなかには最大伝送速度がこの1Gbpsを下回るものもあり、ルーターの性能が原因でネットが遅いと感じているケースもあるでしょう。

GMOとくとくBBのドコモ光で無料レンタルできるルーターは各メーカーの新しい機種も含まれています。そのため、古いルーターを使い続けている人はキャンペーンを利用してルーターを交換することで通信速度の改善を期待できるでしょう。

もし色々と手を尽くしても速度が改善しないのであれば、光回線を見直すタイミングなのかもしれません。

光回線21社を比較!おすすめの光回線と選び方のポイントを解説!
快適にインターネットを利用するには欠かせない光回線。 新生活に向けて新たにインターネットを使いたい人も、既存回線からの乗り換えを検討している人も、種類が多すぎて「どれにすればよいかわからない…」と迷う人も多いのではないでしょうか。 ...
タイトルとURLをコピーしました