ドコモのスマホ料金を安くする方法|節約するにはまずここから!

スマホ

毎月のスマホ料金、携帯代が高いなぁ、と思いながら、そのまま放置していませんか。
携帯代が6,000円以上かかっているような場合は、節約できる可能性がおおいにあります。

無駄な携帯代はけずって、スマホ料金をもっとスマートにできるかチェックしてみませんか。

 

ノココ
ノココ

スマホ料金が安くなれば、その分ちょっと美味しいものを食べに行ったり、年単位で考えれば旅行にだって行けるかも♪

ドコモのスマホ料金 節約するにはここからチェック

あなたはこのチェック項目、すぐに答えられる?

  • 携帯代にプラスされているオプションなど
  • 契約プランはぴったりか
  • 通話料はどれくらい使っているか
  • 割引サービスは活用できているか
  • インターネットで損してないか
  • dカードGOLDポイントと活用できているか

節約する方法ってこんなにいろいろあるんだね!え~っと、オプションは、、、どうだったっけ、、、。

キノリ
キノリ

この質問にすぐに答えられないあなたは、きっと今より節約できるはず。可能性しかないね♪

あなたはいかがでしたか?すぐに答えられるものはありましたでしょうか。
「携帯代は請求明細もほとんど見たことないよ」というなら、この機会にちょっと踏み込んでセルフチェックをしてみましょう。ファミリーでドコモを使っていても1人で使っていても、スマホ料金を安くするポイントはいろいろあります。

では、ひとつずつ項目ごとに一緒に見ていきましょう。

携帯代だけじゃない!オプション料金にいくら払ってる?

スマホ料金を安すくする!という場合に一番手っ取り早く対処できるのがオプション契約の解約です。あなたは使っていないオプションに毎月お金を払っていませんか。

無駄なオプション契約がないかチェック

毎月のスマホ料金、携帯代だけでなく無駄なオプション契約にお支払をしていませんか。
契約時にキャッシュバック条件などで登録していたオプションなど、使ってもいないのに毎月500円など課金されていませんか。

オプション契約は月額数百円のものがほとんどですが、それが積み重なれば数千円単位のお金がかかります。毎月2,000円払っていれば年間14,000円も支払っていることになります。

もし無駄なオプションに複数加入しているのであれば、節約すれば旅行にだって行けるレベルですね。

オプション契約については、マイドコモにて確認や解約が可能です。心あたりがあれば、マイドコモの「料金」⇒「利用明細」⇒スクロールして「その他ご利用料金等」の項目で確認してみましょう。

d払いでの使いすぎをチェック

ドコモの携帯代と一緒に支払いもできるd払いは便利ですが、ついつい使いすぎるといったことはありませんか。

d払いはポイント還元があったり、お財布からお金を出すより軽い感覚で使ってしまいがちなのですが、ちょこちょこ使っているつもりがトータルで大きな金額になってしまっていた。なんてことの内容にしたいですね。

携帯代との合算払いではなく、チャージを利用すれば先払いになり、自分で実際に現金をお財布から出すという感覚があるので、使いすぎ防止にもなります。

アプリゲーム課金

アプリやゲームの課金も携帯代と一緒に払うようにしていると、やはり支払っている感覚もなく、使いすぎに繋がります。

サブスク(見放題・聴き放題・読み放題)の月額課金

携帯代と直接関係ない場合もありますが、サブスクの月額課金も意外と無駄に払っているケースが多いものです。

スマホで動画を見たり、音楽を聞いたり、本を読んだりするのは便利で快適ですよね。
ですが、使ってもいないのになんとなくそのままにしている、なんてことはありませんか。

こうしたサービスは解約も違約金などかからずに月単位でできるのがほとんどですから、使っていない期間はできれば解約して節約したいところです。

こうしたサービスは、月額料金も500円~1,000円など料金も高めなので、大きく節約できる部分です。使うときだけピンポイントでこまめに契約していくだけでもかなりの節約になりますね。

通信量どれくらい使ってる?契約プランはぴったり?

スマホ料金を安くするためには、あなたがスマホの通信量をどれくらい使っているのか、どれくらい必要なのか、といったことを知っておく必要があります。

ただなんとなく通信量が多い方が安心だから、という理由で高いスマホ料金を支払っていませんか。

ドコモのスマホ通信量 実際どれだけ使っているか

自分がどれくらいの通信量を使っているか、あなたは把握していますか?
もしまだ把握していないのであれば、マイドコモで見ればすぐにわかりますのでチェックしてみましょう。

マイドコモの「データ量」を開けば、あなたの「利用可能データ量合計」と「利用済みデータ量」を確認することができます。

ドコモのスマホ料金プランはぴったり合っているか

利用可能データと、実際に自分が使用しているデータ量を比較して、多すぎるようであればプランの見直しでスマホ料金が安いプランに変えても変わりなく快適に使えて節約になります。

プランの変更は、マイドコモでも可能です。

マイドコモの「契約内容・手続き」にて現在のプランを表示、「契約プランを変更する」をタップして、希望の料金プランを選択して、手続きを行います。この手続の歳に注意事項が表示されるので、詳細をしっかり読んで手続きを完了させます。

 

ノココ
ノココ

窓口に行かなくてもプラン変更はできるんだね。

キノリ
キノリ

店舗に行くとなると待ち時間が長いからなかなか行けないけど、マイドコモならいつでもできるよね!

ドコモスマホ料金の最安プランは?

スマホは現在、新料金など騒がしいですが、ドコモの最安プランはどうなっているのか気になりますよね。

ドコモの提供する「ahamo」が話題ですが、窓口でのサポートなどが受けられないというのがポイントですね。

窓口で教えてもらわないと困るという方も少なくないはず、ということで、こちらではあえて窓口でのサポートが受けられるプランでの最安プランをご紹介します。

最安プランとしては、これまでの既存のプランと、2021年4月1日から提供開始となるプランのふたつをご紹介します。

ケータイプラン(2019/10/1~の料金プラン)

  • 利用可能データ=100MB
  • 家族間国内通話無料(家族以外への通話22円/30秒)
月額料金 解約金
定期契約なし 1,507円 解約金なし
定期契約あり 1,320円 解約金1,100円

こちらのプランはdカードお支払割(187円の割引)のみ適用可能で、適用した場合の料金は定期契約なしで1,320円となります。

はじめてスマホプラン(2021/4/1~提供開始)

こちらは2021年4月スタートの新プラン。
5G・Xi(クロッシィ)の契約が対象。

  • 利用可能データ=1GB
  • 5分以内の国内通話が何度でも無料
  • ファミリー割引利用ならファミリー割引グループ内の国内通話料が24時間無料
  • かけ放題オプション(1,100円/月)別途付加可能
月額料金 解約金
定期契約なし 1,815円 解約金なし
定期契約あり 1,628円 解約金1,100円

こちらはFOMAからの契約変更、他社3G回線からの乗りかえが対象のプランとなります。
割引は、dカードお支払割(187円の割引)とはじめてスマホ割(最大12ヶ月間/550円の割引)が適用可能で、両方を適用した場合、
定期契約無しの場合で最大12ヶ月間は1,078円、13ヶ月目以降は1,628円となります。

スマホでの通話料はどれくらい?

スマホの通話料の見直しもスマホ料金の節約につながることがあります。

ドコモのスマホでの通話料は現在のプランでは音声オプションで選ぶことができます。

音声オプションを付けない場合でも、スマホでの通話は可能で、

  • 音声オプションなし
  • かけ放題オプション
  • 5分通話無料オプション

この3つの選択肢があり、月額料金や通話料は以下のようになります。

音声オプション 月額オプション料金 通話料
オプションなし 家族間国内通話無料
かけ放題オプション 1,870円 国内通話全て無料
5分通話無料オプション 770円 5分以内の国内通話無料

ほとんど通話をしなかったり、家族間での通話がほとんどといった場合に、通話無料のオプションをつけていれば、無駄になります。一度見直してみましょう。

割引サービスは活用できているか

ドコモのスマホ料金が安くなる割引はいくつかあります。

  • ファミリー割引
  • みんなドコモ割
  • dカードお支払割
  • ハーティ割引
  • 子育てサポート割引
  • 5Gギガホ割※
  • ギガホ割※
  • ドコモのロング学割
  • はじめてスマホ割
  • ずっとはじめてスマホ割※
  • おしゃべり割※

といった割引サービスがあります。家族でドコモを使うとファミリー割引などが受けられますが、1人でも受けられる割引もあります。

※5Gギガホ割・ギガホ割・ずっとはじめてスマホ割・おしゃべり割は2021年3月31日で新規受付終了となります。

新規の割引サービスなどもあり、長期間プランの見直しなどをしていない場合は、チェックすれば割引が受けられるものが見つかる場合もあります。

インターネットで損してないか

もうひとつ、インターネットとのセットでスマホ料金が安くなる「ドコモ光セット割」というのがあります。

例えば、インターネットはフレッツ光で、スマホはドコモ、という場合。
ネットをドコモ光に乗り換えれば、スマホ料金が1回線につき毎月最大1,100円も安くなります。家族でドコモのスマホで対象プランを使用していれば、家族全員が割引対象となり、大きな節約になるんです。

インターネットの契約を変えるだけで、例えば家族3人で合わせて毎月3,300円の割引になれば、年間では39,600円の節約になるんです。

ドコモ光に乗り換えることでキャッシュバックなどお得な特典がもらえる窓口もあります。これなら十分旅行の足しになりますね。

dカードGOLDポイントと活用できているか

ドコモユーザーならチェックしておくべきdカードGOLD。
ドコモ利用料金分については、dポイント還元率が10%という頼もしいクレジットカードです。

ドコモの携帯電話番号とdカードGOLDを紐付けしておけば、毎月のスマホ料金やドコモ光の料金に対して10%のポイントが還元されます。

例えば、スマホ料金とドコモ光の料金でトータル10,000円なら毎月1000pt付与となるわけです。dポイントは1ポイント1円で、ドコモスマホ料金に充当したり、dポイント加盟店、d払いの利用できる店舗などでも使えます。

ちなみに、dカードGOLDは家族カード1枚は無料で発行してもらえますので、支払いが別であっても家族の携帯代もまとめて10%の還元が受けられます。家族カード2枚目は1,000円/年で発行できます。

タイトルとURLをコピーしました