ドコモ光の料金プランやセット割など徹底解剖!高いのか得なのかどっち?!

 

ノココ
ノココ

ドコモ光って高いの?それともお得なの?どっち?

キノリ
キノリ

ドコモ光は、ドコモのケータイとセットだとお得だよ!

ドコモ光は、ドコモユーザーなら迷わず選ぶべき!と言えるインターネットサービスです。

それは、ドコモ光とドコモケータイのセット割があるから。

こちらのページでは、ドコモ光の料金プランやタイプ、値段の違いなどなど、くわしく、わかりやすくご紹介していますので、プラン選びに迷ったら参考にしてください。

ドコモ光の料金プランと種類

ドコモ光には、大きく分けて

  • ドコモ光1ギガプラン
  • ドコモ光10ギガプラン

のふたつのプランがあります。

ドコモ光1ギガプラン

一般的に利用されている光回線のプランが1ギガプランです。

1ギガプランのタイプ別料金

戸建てタイプとマンションタイプで料金が異なりますが、基本はプロバイダの料金もセットになったプランAもしくはプランBを選ぶことになります。

では、それぞれの料金を見ていきましょう。

■ドコモ光1ギガの戸建てタイプ

ドコモ光1ギガ・戸建て プロバイダタイプA プロバイダタイプB
2年契約 5,720円 5,940円
縛りなし 7,370円 7,590円

■ドコモ光1ギガのマンションタイプ

ドコモ光1ギガ・マンション プロバイダタイプA プロバイダタイプB
2年契約 4,400円 4,620円
縛りなし 5,500円 5,720円

プランAとプランBというのは、それぞれ対応するプロバイダが変わるだけで、高いからいい、安いから良くないといったことは全くなく、迷ったらプランAで選べば間違いありません。

プロバイダ選びで迷ったら、こちらをご参照下さい。

ドコモ光のプロバイダ選び どこが正解?うれしい特典など徹底比較
ドコモ光のプロバイダ選びで迷ったらこちらの徹底比較であなたにおすすめのプロバイダを見つけて下さい。 各種一覧でおすすめの理由もじっくり徹底的に解説します。

1ギガタイプの単独契約もある

この他、プロバイダをセットにしない単独タイプの契約をすることも可能で、その場合の料金は以下の通りです。

■ドコモ光1ギガの単独タイプ

ドコモ光1ギガ・単独タイプ 戸建て マンション
2年縛り 5,500円 4,180円
縛りなし 7,150円 5,280円

単独タイプは料金が安いですが、プロバイダ契約がないとインターネットは利用できず、別途プロバイダ契約が必要です。

プロバイダのみ契約すると、月額で1,000円以上かかるケースがほとんどで、結果的にはプランA・プランBよりかなり割高になりますので、おすすめはできません。

1ギガ戸建てタイプのドコモ光ミニ

あともうひとつ、ドコモ光1ギガでは、「ドコモ光ミニ」というプランもあります。

これは、戸建てタイプのみのプランで、利用通信量に応じた2段階の定額サービスとなっています。

■ドコモ光1ギガのドコモ光ミニ

ドコモ光ミニ・戸建て 基本料金
(200MBまでの通信量含む)
上限料金
2年契約 2,970円 6,270円
縛りなし 4,620円 7,920円

ドコモ光ミニは、基本料金がとても安く魅力的に見えますが、

  • プロバイダ料金を含まない
  • 上限料金が高い

といった大きなデメリットがあります。

2,970円という基本料金には、200MBまでの通信料金が含まれるのですが、200MBを超えた分は10MB単位で33円加算される仕組みとなっています。

これで計算すると、月に970MB利用すると1GBの戸建ての単独プランの料金より高くなってしまうのです。ミニと言っても、料金は決してミニではありません。

単独プランも割高ですが、利用する通信量によってはそれよりもさらに割高になるということに注意しましょう。

ドコモ光のプラン選びで迷ったら、プランAを選択しておくと良いでしょう。

ドコモ光10ギガプラン

10ギガプランは2020年4月から提供が始まった、比較的新しいプランです。より速度を求める方のニーズに対応したプランとなっています。

ただし、10ギガプランはエリアもまだかなり限定的で、戸建てプランのみの提供となっています。

■ドコモ光10ギガプラン

ドコモ光10ギガ・戸建てタイプ プロバイダタイプA プロバイダタイプB 単独タイプ
2年契約 6,930円 7,150円 6,490円
縛りなし 8,580円 8,800円 8,140円

ドコモ光10ギガプランもタイプAとタイプB、単独タイプの3種類があり、こちらもやはり選ぶならタイプAがおすすめです。

ドコモ光代理店キャンペーン比較|ふたりはドコピカ

ドコモ光の定期契約ありとなし どっちにする?

ここまでドコモ光の料金をチェックしてきましたが、2年契約と定期契約なしとどちらにするか迷う方もいるでしょう。

このふたつの契約の違いは、解約金が発生するかどうか、というところ。2年更新時期に解約をすれば、解約金は発生しませんが、中途で解約すると

  • 戸建てタイプの場合で14,300円
  • マンションタイプの場合で8,800円

の解約金が発生してしまいます。

長期的に利用するつもりなら、2年契約のほうが毎月の支払いが安くて断然お得ですが、例えばまもなく解約する予定がある場合は、定期契約なしで縛りなしの契約にしておいた方がお得かもしれません。

2年契約と定期契約なしでは、月額で毎月1,100円~1,650円の差があります。

例えば、タイプAの場合、14ヶ月以内の解約であれば、縛りなしの契約をしておいた方が安いです。

ですが、15ヶ月以上、かつ更新期間前に解約をするなら、2年契約で解約金を支払ったほうが、トータルでお安くなります。

ちなみに、引っ越しなどで引き続きドコモ光を利用するなら解約の必要はありません。

こうしたことを踏まえて、どちらにするか検討するといいでしょう。

ドコモ光のインターネット料金は高い?

ドコモ光は「インターネット料金としては高い方」などといった意見もあります。たしかに、ドコモ光より安い料金で利用できるサービスもあります。

ですが、これはセット割などが適用されない場合。セット割の対象となるドコモケータイプランを利用していれば、ケータイ料金が安くなるので、トータルではお安くなります。

ドコモケータイでセット割対象のプランを利用しているなら、ドコモ光を利用するとお得ですし、家族で対象プランが多ければ多いほど、そのメリットを最大限に享受することができます。

ドコモ光はここがお得!

では、ドコモ光がドコモケータイとセットで本当にお得になるのか、大きな判断材料となるドコモ光のセット割について詳しく見ていきましょう。

ドコモ光セット割

ドコモケータイでは、ドコモ光セット割という割引があります。ドコモ光の料金はそのままですが、ケータイ料金が割引となります。

ただし、割引は対象プランによって異なります。

料金プラン 割引額/月
5Gギガホ プレミア 1,100円
5Gギガホ 1,100円
5Gギガライト 1,100円
ギガホ プレミア 1,100円
ギガホ 1,100円
ギガライト(~5GB・~7GB) 1,100円
ギガライト(~3GB) 550円

また、2019年5月で新規申込の受け付けを終了していますが、ドコモの「パケットパック」での契約を継続利用している場合には、以下のような割引が適用されます。

パケットパック 割引額/月
ウルトラシェアパック100 3,850円
ウルトラシェアパック50 3,190円
ウルトラシェアパック30 2,750円
ベーシックシェアパック(~30GB) 1,980円
ベーシックシェアパック(~15GB) 1,980円
ベーシックシェアパック(~10GB) 1,320円
ベーシックシェアパック(~5GB) 880円
ウルトラデータLLパック 1,760円
ウルトラデータLパック 1,540円
ベーシックパック(~20GB) 880円
ベーシックパック(~5GB) 880円
ベーシックパック(~3GB) 220円
ベーシックパック(~1GB) 110円

家族で割引対象となるプランを多数契約していれば、その分ケータイ料金が安くなります。トータルで考えれば、他のインターネット回線を利用するよりかなりお得になるでしょう。

ドコモ光とひかり電話

また、インターネットをドコモ光にするのと一緒に電話もNTTの固定回線からドコモ光電話に変えると、電話料金も年間で10,000円以上お安くなります。

詳しくはこちらをご参照下さい。

ドコモ光 ひかり電話の料金 工事費や解約金まで徹底解説!
ドコモ光電話の料金はいくらなのか、ドコモ光電話に変えるとどれくらいお得なのか?料金プランや工事費、解約金などなど、詳しくわかりやすくご紹介します。

ドコモ光の申し込み窓口でもっとお得に♪

ドコモ光は、ドコモ光セット割の割引対象となるドコモケータイプランや、ドコモ光電話との組み合わせで、大きな節約になります。

でも、実はそれだけじゃありません。もっと得をする方法があるんです。

それは、キャンペーンの活用です。

ドコモ光の申し込み窓口選びと、プロバイダ選びでキャンペーンも大きく異なります。この窓口やプロバイダの違いで、あなたのお得度や、使ってみての満足度も変わってくるはず。

ドコモ光の申込みで失敗しないために、申し込み前にここをチェックするのをお忘れなく。

ドコモ光代理店キャンペーン比較|ふたりはドコピカ

 

タイトルとURLをコピーしました