GMOとくとくBB&ドコモ光 口コミ評判 かしこい窓口選びで失敗無し!

プロバイダ
ノココ
ノココ

ドコモ光なら「GMOとくとくBBがおすすめ」ってよく聞くけど、何がそんなにいいわけ?っていうかほんとにいいの?

キノリ
キノリ

あらら、何がそんなに不安なの?

ノココ
ノココ

だってさ~、インターネット環境ってそんなに簡単に変えられないし、失敗して変更とかめんどくさいし。

キノリ
キノリ

なるほどね。じゃ、実際にドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにしてる人たちの口コミとか評判を見てみたら?参考になると思うよ。

ドコモ光のプロバイダ選びでGMOとくとくBBにしようかと思うけど、やっぱり口コミや評判って気になりますよね。

そこで、こちらのページでは、公式ページ等ではわからない、GMOとくとくBBを実際に使っている方の口コミや評判はどうなのか、申込みの前に知っておきたいことなどをまとめてご紹介します。

このページを見てから申込みをすればドコモ光の申込みで「失敗した!」なんてことにはなりません。

GMOとくとくBBの悪い口コミ

まずは一番気になる、GMOとくとくBBの残念な悪い口コミからチェックしていきましょう。

快適なネット環境を期待して契約したのに、思ったような速さが実感できなければとても残念ですよね。GMOとくとくBBにしたら早くなったという口コミも多くありますが、環境や地域などの影響もあるのか、中にはこのように速度が出ない、といった口コミも見られます。

ありがちなのがこうした口コミですね。
GMOとくとくBBに限らず、キャッシュバックと言いながら、振り込まれるのは何ヶ月もあとになったり、申請のためのメールがいつ届いたのかわからないうちにキャッシュバックの申請時期が終了してしまったり、なんていうのはよくある話ですよね。

GMOとくとくBBではありませんが、キャッシュバックが1年後に支払われる、なんてケースもあるので、甘い誘いにはそれなりの注意が必要です。

このように、キャッシュバックが受け取り忘れるなんていうことのないように、できれば素早くキャシュバックしてくれる窓口を選ぶのが賢い選択なのです。

■ネットナビなら最短で翌月末にキャッシュバック

GMOとくとくBBの良い口コミ

ではつづいてGMOとくとくBBを選んで良かったという、良い口コミや評判を見てみましょう。

GMOとくとくBBは、通信速度が速いだけでなく、面倒な初期設定もいらないなど、ドコモ光を快適に使うための利便性も高いといった口コミや評判が多いです。

v6プラス対応であっても、実際使うためには別途申込みが必要といったプロバイダもあるのですが、GMOとくとくBBなら、無料レンタルの高性能Wi-Fiルーターをつなぐだけで、設定不要でv6プラスにつながります。

ドコモ光+GMOとくとくBB 一番お得な申込みはココ

GMOとくとくBBの口コミ評判では、キャペーン特典のキャッシュバックについての悪い口コミも見られましたが、実はこれ、申込み窓口によって大きく変わってくるのです。

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選ぶにしても、申込みをする窓口によってキャンペーン特典が違うんです。

結論から言えば、ドコモ光の申込みで一番おすすめなのはドコモ光の正規代理店「ネットナビ」で申込みをする方法です。

他にどんな申込み窓口があるかというと、GMOとくとくBBのプロバイダ代理店の窓口です。

ネットナビはドコモ光の代理店なので、複数のプロバイダから選んで申込みができます。
一方で、プロバイダ代理店の場合は、GMOとくとくBBの代理店になるため、ドコモ光とGMOとくとくBBでの申込みしかできません。

■おすすめのネットナビ

■GMOとくとくBB

ちなみに、高速通信に欠かせない「高性能のWi-Fiルーター無料レンタル」の特典はどちらの窓口で申込みをしても受けられます。

では、このふたつの窓口でなぜネットナビがおすすめなのか、その理由を見ていきましょう。

キャッシュバックで比較

ネットナビの窓口と、GMOとくとくBBの窓口で比較すると、まずキャッシュバックの内容が大きく違います。まずはこちらの表をご覧下さい。

GMOとくとくBB
(プロバイダ代理店)
ネットナビ
(ドコモ光代理店)
キャッシュバック(条件あり) 最大20,000円 最大20,000円
キャシュバック(条件なし) 5,500円 15,000円
キャッシュバック時期 申込月を含む5ヶ月以内 最短で開通の翌月末

どちらも最大20,000円となっていますが、最大のキャッシュバックを受けるには「ひかりTV for docomo」や「DAZN for docomo」といった有料サービスを同時に申し込む必要があります。こういった有料サービスを必要としていればいいのですが、そうでなければできれば不要なサービスに申込みをしたくないですよね。

そこで条件なしでのキャシュバックも比較してみると、GMOとくとくBBの窓口では5,500円に対して、ネットナビは15,000円と約3倍のキャッシュバックを受けられます。

しかも、キャッシュバック時期もネットナビなら最短で開通日の翌月末とすぐにキャッシュバックしてもらえるので、手続きをうっかり忘れてもらえない!なんてことにはならないわけです。

ポケットWi-Fi無料レンタルで比較

ネットナビでも、GMOとくとくBBでも、どちらもドコモ光開通までの間、ポケットWi-Fiを無料でレンタルしてくれるという嬉しい特典があります。※いずれも数量限定

ですが、この特典でも内容に大きな差があります。

GMOとくとくBB
(プロバイダ代理店)
ネットナビ
(ドコモ光代理店)
キャッシュバック(条件あり) 最大20,000円 最大20,000円
キャシュバック(条件なし) 5,500円 15,000円
キャッシュバック時期 申込月を含む5ヶ月以内 最短で開通の翌月末

開通まで無料でレンタルしてくれるというのは同じなのですが、

GMOとくとくBBのプロバイダ窓口での特典では、ポケットWi-Fiの契約をして、支払い方法の設定が必須です。最大3ヶ月無料で、無料期間中に解約すれば契約は終了します。

ですが、解約しなければ4ヶ月目からは月額5,445円(税抜4,950円)の月額料金が請求されるといったシステム。

一方、ネットナビの窓口での特典では、希望すれば貸出機をレンタル。貸し出しの際に一緒に同梱されてくる返送用伝票を使えば、返送料の負担もありません。

ただし、万が一返却がされない場合には20,900円(税抜19,000円)の違約金がかかります。

ノココ
ノココ

たしかに、キャッシュバックも、ポケットWi-Fiの無料レンタルも、ネットナビで申し込んだ方が全然いいね。

キノリ
キノリ

そう、同じ申込みでも、窓口でこんなに違うの。
キャッシュバックをもらい損ねた!なんて悪い口コミを書くことにならないように申込み窓口も賢く選ばないとね!

ネットナビへの申込み方法

タイトルとURLをコピーしました